2015年10月 のアーカイブ | 剣道上達革命~剣道が上手くなる方法~

剣道上達革命を実践された方の感想(6)

剣道上達革命【世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀 監修】DVD2枚組

剣道上達革命【世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀 監修】DVD2枚組

 
 
剣道上達革命【世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀 監修】DVD2枚組

お問い合わせ頂きありがとうございます

1.構えが棒立ちになっては勢いが出ません。

特に右ひざが伸びてると思いますので、右ひざは少し緩めてください。

右ひざが伸びきっていますと、つっかえ棒のようになり、勢いが止まります。逆に左ひざは曲げてはいけません。

まだ、剣道経験が浅いので稽古を積み重ねも必要です。

2.速いスピードで切り返しを行う必要性はありません。

小学生で筋力もまだありません。かえって力んで悪癖となります。

ごまかしにもなります。

大きく正確に行う切り返しの方が難しいのです。

切り返しの下肢と上肢の動きは連動しますので、小さく速くやるより、足幅を大きく踏み出し、それに連動して上肢も大きく伸び伸びと 振る切り返しの稽古をお勧めします。

この稽古を繰り返すことにより上半身も下半身も鍛えられ、勢い、冴え、打突の強度などが身に付きます。

剣道上達革命【世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀 監修】DVD2枚組

お問い合わせ頂きありがとうございます

1.右手主体の被せるような打ち方。良くわかります。

もっとも悪い打ち方で上達の大きな妨げとなりますので、このような悪癖は完全に治さなければなりません。

まず構えた状態の竹刀の握り方を調べ、正しく治してください。

必ず両手とも親指とひとさし指でVの字ができるように握り、この握り方を崩さないように振り上げ振り下ろします。

次に順番を逆にして指導してみてください。面を打ちに行くのではなく、まず相手の面を打った状態(その場から相手の面の上に竹刀を乗せる)の右手と左手の関係、状態、つり合いなどを確認させ憶えこませる。

次にその場から面を打たせ、先程の右手と左手の関係の状態にする。

次に面を打った状態から打ち間まで下がらせ、せすり足で面を打ってみる。

その他にも柄が長すぎるのもよくありません。

2.顎が上がる打ち方は、そんなに悪い打ち方ではありません。

打った時にやや顎が上がるぐらいが自然で全身の力も抜けて勢いが出ます。

ただし頭が上下するのはよくありません。

頭が下がった時に打突の勢いが止まります。

剣道は構えた時、遠山の目付で相手の目に注目して全体を見ますが、この目付の位置を構え時→攻め時→打突前→打突時→打突後、変えないことが重要です。

つまり目の位置を変えないようにして打突を心がければこの問題は解決していきます。
 
 
>>剣道上達革命公式サイトはこちらから
 
 
 
 
 

剣道上達革命~剣道が上手くなる方法~ TOP » 2015年10月 のアーカイブ